DRONE MOBILE NETWORK PROOF OF CONCEPTDMN PoCサービス WHAT WE DO選ばれる理由 COMPANY会社情報 CONTACTお問い合わせ

OUR BUSINESS

「空のモバイルネットワーク」ドローンのSIM搭載解禁に!

2020年秋よりドローンの携帯電波利用が可能となり、 次世代通信規格「5G」の環境下でドローンの高精細映像の配信も可能になります。 このような社会情勢を見据え、当社はこれまで独自OCRで培った技術を活かし、 このたびドローン・ジャパン株式会社と共同で 「DMN(Drone Mobile Network) PoCサービス」の実証実験を開始しました。

Drone Mobile Network Proof of Concept
ドローンが世界を変える 。テクノロジーでドローンは進化する。

クラウド連係で
ファイルハンドリング
が格段に向上

本実験で使用している当社開発のクラウド画像整理サービス「バーズD-Photoプラス(仮称)」を使用すると、一度に大量の撮影画像をクラウドサーバーへアップロード出来ます。
アップロードした画像は、撮影日付や位置情報などを基に、決められたフォルダへ自動的に整理、格納されます。

ドローン飛行軌跡表示で
撮影スポットの確認が可能に

クラウドにアップロードされた撮影データのそれぞれの位置情報から、ドローンの飛行軌跡を確認することが出来ます。
地図表示ボタンによりイメージ参照が可能で、撮影スポットは軌跡途中の丸印で表示されます。

ドローン搭載専用ユニットで
画像転送をリアルタイム

「バーズD-Photoプラス(仮称)」と専用のドローン搭載ユニットを使用すれば、ドローンが飛行中に撮影した画像をリアルタイムに画像仕分けするため、将来様々な業務用途において画像処理の効率化が可能になります。
ドローン搭載ユニットは重量300g(バッテリー別)です。各事業者様ご使用のドローンへの搭載については別途相談お受けします。

WHAT WE DO

選ばれる理由

ファイル管理の作業時間を大幅に短縮。

これまで撮影した画像をドローン操縦士の方が1枚1枚チェックをして仕分けると膨大な作業時間がかかっていました。
この手間を全てAIで解析し、GPSから得た位置情報や日付時刻によって自動的に画像を識別、それぞれのフォルダへ自動で格納します。
「データの下ごしらえ」をすぐに済ませ、本当に必要な作業に集中いただけます。

撮影位置を記憶しクラウドで撮影効率の検証を簡単に

ドローンでの調査、点検では数千以上の撮影を行うことがあります。
全ての撮影位置を記憶し、解析することでさらに撮影後の作業も短縮することが可能です。
わかりやすい地図でドローンの軌跡が確認できるので、難しかった撮影の管理を誰とでも共有しながら簡単に行えます。

点検や災害調査などに迅速さとリアルタイム性を発揮

ドローン撮影にまつわる業務をシームレスにすることで、多くの恩恵を受けられます。
緊急時の災害調査はもちろん大規模な点検など、これまで以上のスピードで行えます。
撮影データはAIにより即座にクラウドへ最適化されるので、タイムラグなしで確認いただけます。

COMPANY

株式会社バーズ
情報科学研究所

バーズ情報科学研究所は、人とコンピュータの間に立脚し、情報社会の推進役として、
満足度・利便性を向上させるソフトウェア・システム・サービスの提供を行い、
わが国のさらなる発展と心豊かな社会の創造に貢献しつづけます。

会社情報へ

共同実証実験に参加いただけるユーザー企業を募集しています。

説明会開催中

8月末まで1週間に1回・毎週月曜日
下記時間にてZoomを使用した説明会を行わせていただきます。

開催日時

  • 2020年7月27日(月) 16:00~17:00
  • 2020年8月 3日(月) 16:00~17:00
  • 2020年8月10日(月) 16:00~17:00
  • 2020年8月17日(月) 16:00~17:00
  • 2020年8月24日(月) 16:00~17:00
  • 2020年8月31日(月) 16:00~17:00

※説明会はドローン・ジャパン株式会社 主催で実施させていただきます。

Webinarお申込みフォーム

※外部サイトへ移ります